本文へ移動

所有船のご紹介

所有船一覧

天佑
  • 天佑 名古屋港
    天佑 名古屋港
  • 天佑 名古屋港
    天佑 名古屋港
  • 天佑 舞鶴移設
    天佑 舞鶴移設
  • 天佑 舞鶴移設
    天佑 舞鶴移設
  • 天佑 風力発電装置 フロートオフ
    天佑 風力発電装置 フロートオフ
    • 天佑 名古屋港
    • 天佑 名古屋港
    • 天佑 舞鶴移設
    • 天佑 舞鶴移設
    • 天佑 風力発電装置 フロートオフ
天佑 (てんゆう)
備南開発が誇る「天佑」。優れた機能と設備で、様々な輸送が可能です。
天佑は3種の工法(ロールオン/オフ工法、フォークオン/オフ工法、フロートオン/オフ工法による荷役を行うことができます。
ロールオン/オフ工法とは、船尾に設けられた幅21.7mのランプを使用して貨物の積み降ろしを行う工法です。この工法では、最大2,500トンの貨物の積み降ろしを行うことが可能です。
フォークオン/オフ工法とは船尾に設けたフォークで貨物をすくい上げ、運搬、据付を行う工法のことです。この工法では載荷を岸壁上に直接据え付けることができるため、仮設機材の設置が不要であり、短時間で積み降ろしを行うことが可能です。
フロートオン/オフ工法とは船体を半潜水状態にし、作業船等の船舶や沈埋函等の浮体の積み降ろしを行う工法です。
また、天佑の加速度レベルは従来型のバージと比較して最少です。デリケートな貨物の輸送を行うことができるだけでなく、貨物の補強及びラッシングを最小限に抑えることもできるため、輸送コストの大幅な削減に繋がります。更に、天佑は貨物の輸送中に船体の一部を潜水させることが可能です。通常であれば橋梁・空中電線の高さ制限に引っ掛かるような背の高い貨物を積んでいる場合でも、船体を潜水させることで、低い橋梁・空中電線の下を通過することができます。
■天佑 主要目
船名              天佑
船級              NK,NS*(BARGE)
長さ(フォーク後端まで)  148.3m
長さ(垂線間長)     114.0m
幅                          26.7m
深さ                       14.80m
喫水                       5.515m
載貨屯数                 10,710ton
甲板強度                 15ton/m2
バラストポンプ          2,000ton/hr×2基
TOPへ戻る